記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リオ五輪 テニス錦織圭が銅メダル! 更にグレコ大田が堂々銀!

59373b02.jpg 
リオ五輪テニス14日男子シングルで世界7位の錦織圭選手が、同5位の北京五輪金メダル保持者ラファエル・ナダル選手に2時間49分の戦いの末に勝利し、堂々の銅メダルを獲得。
五輪テニスでは1920年アントワープ大会で熊谷一弥がシングルで銀以来、96年ぶりの快挙となった。錦織選手は試合後に、「最初にメダルを取ったのがテニス。僕もメダルを狙っていたので、本当にうれしい。」

52aaa634-7d1c-4170-8d31-09150e290218.jpg 
更にグレコローマン男子59キロ級決勝で五輪初出場を果たした大田忍選手が、15年世界選手権王者のイスマエル・ボレロモリナ選手に0-8のテクニカルフォールで敗れ、グレコローマン32年ぶりの金メダルは逃したが、00年シドニー五輪の69キロ級の永田克彦選手以来の銀メダルを獲得した。
太田選手は、「悔しい気持ちです。金しか狙っていなかった。日本に帰ってしっかり練習します。プレッシャーも緊張もなかった。(レスリング16大会連続メダル獲得に)伝統をつなぐことができてひと安心だが、銀メダルに終わりまだまだだと思う」と話した。

選手によってはメダルを取って喜ぶ者、それに満足しないものなど、選手によって感じ方が様々で、いかにメダルに対しての想いがあるかがわかる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sorahiro1

Author:sorahiro1
どんどん気になる記事をアップしていきますのでよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。