記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教師という仕事のあり方 家族の命日でも帰宅できない事実

昨今教員の劣悪な労働環境が問題になっている中、とあるツイッターユーザーが9月7日に投稿した内容がネットで話題になっている。父親の命日に残業を一時間し、退勤しようと思ったら同僚に説教を食らったという。なんで急に帰るのか説明させられ、挙句の果てにこんなひどい言葉を吐かれた。「もう死んでるんだし、そんなの後回し!仕事が優先だ、考えろや」

同ツイッターユーザーのツイートによると投稿者は公立学校で教師をしている女性で、一か月前から「この日は定時で帰りたい」と伝えていた。特に急ぎの案件もなかったので、少しだけ残業して帰ろうとしたら同僚からそういう言葉を浴びせられた。女性は「やっと帰宅できたけど、もう悲しすぎて…」と悲しみ吐露している。

ツイッターでは他にも、「教育の現場でこんな言葉が出たことがショックでしたね」、「これじゃ学校からいじめ問題が中々無くらないよな、と正直感じています。」とも。また、「子どもたちと過ごす時間は楽しいが職員室がブラックですね」と、投稿。この女性のツイッターを閲覧していた他ユーザーから「最低だわ…その言葉…」と怒りの書き込みが相次いだ。

この女性は父親が亡くなる前日にも同僚から、「意識朦朧としてるんなら、もうあんた(私)だってわかんないから、死んでから連絡もらいなよ」とも言われており、改めて一教職員としてのあり方を考えさせられる。他の職場でもあることだが家族よりも仕事を優先する日本独特の考えは本当に正しいのだろうか。我々も今一度考えてみるべきではと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sorahiro1

Author:sorahiro1
どんどん気になる記事をアップしていきますのでよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。