記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大隅良典栄誉教授がノーベル賞受賞へ

150326_ohsumi_w250.jpg 

東京大学栄誉教授の大隅良典氏(71)がノーベル医学・生理学賞を受賞したことが3日分かりました。細胞が不要になったたんぱく質などを分解する「オートファジー」と呼ばれる仕組みを作り出し、日本人のノーベル賞受賞は、これで3年連続の快挙となりました。

大隅氏は1972年に、東京大学大学院理学系研究所を卒業した後、1974年にロックフェラー大学博士研究員として研究に従事します。大隅氏が一貫して研究してきたのが細胞が不要なたんぱく質などを分解する「オートファジー」と呼ばれる仕組みの解明でした。

この仕組みは、細胞に核のあるすべての生物が持つもので、細胞の中で正しく機能しなくなったたんぱく質などを、異常を起こす前に取り除く役割や、栄養が足りないときにたんぱく質を分解して新しいたんぱく質やエネルギーを作り出す役割を果たしています。平成5年には酵母の細胞を使って「オートファジー」の仕組みの解明に取り組み、この仕組みを制御している遺伝子を世界で初めて発見しました。

大隅氏は過去にもいくつもの賞を受賞しており、今年に入ってからも3度の受賞をしています。ワイリー賞、国際ポール・ヤンセン生物医学研究賞(英語版)と、3日に受賞したノーベル生理学・医学賞です。

大隅氏にとってノーベル賞は子どもの頃からの夢だったらしく、大隅氏が今まで生きてきた71年間の思いが報われた瞬間でした。
スポンサーサイト

コメント

難しい研究、、、(*_*)

長年の努力と想いが実って、嬉しいですね(^^)

No title

ノーベル賞のみならず、受賞イヤーなんですね。
長年の努力の成果ですね!

Re: タイトルなし

yumiさん、いらっしゃい^^
子どもの頃からの夢が御年71歳にして叶うって素敵ですよね^^
私たちはまだまだ夢を諦めないでいいのかも知れません^^

Re: No title

でんでんさん、いらっしゃい^^
そうなんです^^このお話を聞くと私たちの悩みなんてちっぽけだって思えてきます^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sorahiro1

Author:sorahiro1
どんどん気になる記事をアップしていきますのでよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。