記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもも大人も混乱する究極の迷路が話題に

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s1.jpg

皆さんは子どもの頃、迷路で遊んだ記憶はありませんか?うねうねと複雑に入り組んだ迷路を鉛筆でなぞってゴールを目指す。その中で番犬が道を塞いでいたり、工事中だったりで進めなくなっている場所、はたまたワープなどのギミックがある場所もあったりして「あれ?これどうやって進むんだろ?」って頭をひねりながら遊んだ経験がある人は多いのではないでしょうか?

そんな遊び心をくすぐる迷路で遊んでいた子供が、どうしても解けないとお父さんに相談にやってきました。「やれやれ、こんな迷路も解けないのかい?貸してごらん」と渡された迷路にお父さんはビックリしてしまいました。その迷路がこちらです。


549bf202.jpg


「………え?…………」 

どうでしょう、皆さんは解けたでしょうか?おサルさんにバナナを渡せたでしょうか?

実はこの迷路題名がありまして「My poor son was so confused!」(このクソ猿め、飢えろ!)というタイトルらしいです。作者側はどう考えてもおサルさんにバナナを上げる気はないようです。

この一見解けなさそうな迷路には、作者側のある想いが隠されていました。それは、「人生とは越えられない壁の連続だよ、この壁を越える事が人生なんだよ」、と…子供が遊ぶ迷路には不釣り合いな、なんとも重苦しい人生哲学がそこには含まれていました。つまり、バナナを得たいのならこの壁を乗り越えろと言いたいのです。

因みに正解例を挙げるなら、修正液で壁を壊して進む方法。はたまた、この迷路を折り紙のように折っておサルさんがバナナを持っているように見せるなどやり方は色々ありそうです。

私も小学生の頃はよく迷路を作って遊んだりしたものですが、この迷路を見ていたら、また作りたくなってきました^^これを機にまた迷路作り始めてみようかな^^

スポンサーサイト

コメント

すごい迷路ですね、、、(-。-;

もし私が急にこの迷路を解けと言われたら、しばらく思い悩みそうです、、、(-。-;

Re: タイトルなし

yumiさん、いらっしゃい^^
一瞬、は?ってなりますよね^
大人はまずそこで思考停止しちゃうんですよね^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sorahiro1

Author:sorahiro1
どんどん気になる記事をアップしていきますのでよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。