記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Play Station VRの使用感とレビュー

af9b180031e6cf0ba31fd74c7503756d1.jpg 

SONYが2016年10月13日にPlay Station4で発売したヘッドセット型コントローラーPlay StationVR(略称VR)が発売されて四日が経ちました。そこでまだ製品を購入されていない方の為のレビューを書きたいと思います。これは、筆者自身が体験したものではなく、ネットの書き込みでのレビューであり、不特定多数の意見であることから参考になる意見も多いと思います。

【値段】

最初に言っておきたいことは、Play StationVRだけでは動作させるには不十分だという事です。まずPlay Station4本体とPlay StationVRの動きを認識するためのPlay Station Camera、ソフトによってはコントローラーであるPlay Station MoveとPlay Station Navigation Controllerも購入しないといけないかも知れません。後、Play StationVRを最大限に楽しみたいならヘッドフォンも必要です。参照として価格を載せておきます。ただこれはあくまで定価であって店舗によって値段は変わってきます。

Play Station4 500GB 29,980円(税抜き)※必須
Play Station4 Pro 44,980円(税抜き)※同じ本体ですが性能は◎下記に説明あり。

Play StationVR 44,980円(税抜き)※必須

Play Station Camera 5,980円(税抜き)※必須

Play Station Move 4,980円(税抜き)※ソフトによっては必要
Play Station Navigation Controller 2,839円(税抜き)※ソフトによっては必要

Play StationVRとPlay Station Cameraの同梱版 49,980円(税抜き)

臨場感を出したいならヘッドフォン、最悪でもイヤホン。

【良い点】

・今までにないバーチャル空間が体験できる
・定価であれば値段相応
・ホラーは極限まで怖さを引き出し、恋愛ものなら極限まで女の子のかわいらしさを演出できる

【悪い点】

・youtubeなどの動画で見るより実際にVRを通して見る映像の方が画質は粗い
・通常のPlay Station4 500GBだとドットが気になる。シャギーが目立つ。
・フレームレートが足りず動きに滑らかさがない
・ソフトによっては体験版程度の内容しかない。ひどいもので言えば10分程で終わるものもある。
・目が疲れる、酔いやすいなどの身体への負担が大きい
・遊園地にある3D映画のような感覚

【総評】

Play StationVRをやる上でなくてはならないのがスペックです。ですがこのスペック、上記に書いた通常のPlay Station4 500GBではやや力不足感は否めません。どうしてもドット欠けや滑らかさなどバーチャルリアリティーには必要不可欠な要素が弱くなりがちで、私たちが思い描いていたようなリアリティー感は望めなさそうです。これはハードの初期段階なら仕方のないことで、ここからどんどんバージョンアップされていくのを考えるなら大きな前進ではないでしょうか?ただ購入はとなると、今はまだ未完成ということを頭においてそれでもいいなら購入してもいいと思います。

もしPlay Station4自体まだ未購入の方であれば、上記に書いたPlay Station4 Pro 44,980円(税抜き)を基本ハードに置くと少しは快適なバーチャルリアリティー空間を楽しめるのではないでしょうか?ただこれに関しては情報が少ないため一概に良いと勧めるものではありません。

少し手厳しいことも書きましたが、次世代ゲーム機であるのは間違いないので、正しい情報を持って購入された方が後々後悔は少ないのではないかと思い執筆しました。この総評レビューを参考に購入の有無を決めてみてはどうでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sorahiro1

Author:sorahiro1
どんどん気になる記事をアップしていきますのでよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。