記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日頃の鬱憤たまった生徒たちが反旗を翻す 先生に挑戦状をたたきつける姿が話題に

domestic_011.jpg 

学校の生徒から先生に挑戦状を渡し、それを応戦状で受けて立つ北海道の旭川工業高等専門学校の熱き心意気が話題になっています。

「遂に我々が下剋上を果たす時が来た」との一文から始まる挑戦状には先生に対する日頃の恨みが詰め込まれていました。その内容は大量のレポートや課題の提出を求められるといったものから、テストの問題文が訳の分からない日本語で書かれているから読みづらいといったものまで、先生を煽るように挑発しています。更に過剰に学生をいじり、卒研では奴隷のように扱い、ぼろ雑巾のように留年を言い渡す教員たちを「教員失格どころか人間失格」とまで断じています。

その生徒たちが反旗を翻し挑んだ勝負は、「ソフトボール」。「どうせ貴様らのボロボロな体(主に肺と肝臓)では、ろくにバットも持ち上げられないだろう」と挑発し、「十月二十日午前十一時グラウンドにて待つ」と告げた。他にも数枚に渡り個々の先生のバッシング(女好きなど)などをメッセージとして残してます。

これを受けて先生たちは応戦状を提示してきました。「人生には無謀な挑戦をしたくなる時期があるものだが、身の丈を知らないのも程がある。青二才の分際でまさか我々に挑戦するとは…。」と、こちらも負けていません。さらに「今回は特別にアマちゃんの諸君に、世の中の厳しさを教えてやろう」「我々と同じ土俵で戦えるこの機会をせいぜい楽しむがよい」と生徒の申し出を受けました。

この生徒と先生のやりとりは以前に在籍していた先生の発案で生まれた旭川高専伝統の儀式だったのです。毎年、それぞれの想いを遠慮なく書きスポーツで対決するのが慣わしとなっているそうです。
スポンサーサイト

コメント

これは、、、
コメントし辛い内容ですね、、、( ´ ` )笑
珍しい試み、、、( ´ ` )笑
頑張って、としか言えない、、、( ´ ` )笑

Re: タイトルなし

yumiさん、いらっしゃい^^
確かに伝統行事とはいえその後の生徒と先生の関係さえ危うくなるような挑発文だけに少し心配です^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sorahiro1

Author:sorahiro1
どんどん気になる記事をアップしていきますのでよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。